にゃんことわんこのぼやき。
☆助けて頂いたサイト☆
♪迷子札をつけよう♪
#わさびの愛用品#
@ワンコとの出会い@
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:ぶっくす( 6 )

|TOP↑
2006年 09月 06日   晴考(?)雨読。
お引越がだいたい1ヵ月後くらいに迫ってきた。
ちびりちびり、片付けているので、あたふたはしてないものの、
離島からの引越しは、ちょっとすんなりいかないので
(台風で船が出なかったらサータイヘン!)
慎重にいろいろと漏れのないように注意せねばっ!!

で、ブログも、あれも書いとこう・・・と思っていたものを
ぽつりぽつり、片付けの合間に書こうと思う。

で、オススメの本をもひとつ思い出した!

ダンナサンの同僚からお借りしたのだが、これまでお借りしてたものとは異色で、
わたしは恥ずかしながら初めて知った名前の作家。

「国銅」 (上・下) 新潮文庫 ・ 帚木蓬生
f0034102_1611183.jpg



極上の銅を産出する長門の人足、「国人」。毎日単調な作業である、銅を命懸けで掘り出し、精錬して鋳込む。歯を食いしばり一日を過ごす。星を数える間もなく眠りにつく。都に献上する銅をつくるため、若き国人は懸命に働く。尊敬する兄「広国」、耳も口もきけない優しい相方、「黒虫」。彼らを見守りながらこつこつと石像を刻む乞食僧「景信」。忘れられぬ女性との出会い。。そして故郷を後にし、再会かなわぬことも覚悟して、仲間と共に奈良への旅立ち。大仏の造営の命を受けて・・・生きて帰れるかわからぬまま・・・

華やかな奈良の都で、国人は大仏造営の作業に打ちこむ。ともに汗を流す仲間たちと友情を築きながら。短き命の娘と、逢瀬を重ね、薬草の知識で病める人びとを救い、日々を詩に詠む。
鉱石に命が吹き込まれ、大仏は遂に完成。そして、役目を終えた国人は―。




なんだか、最初はとっつきにくい歴史小説かしら?と思っていたけれど、
国人の「今を生きる」姿勢、こつこつと目の前にあることに全力で向かっていれば、
誰かが見ていて、また新たな道に導く・・・決して今の生活が豊かになるわけではないけれど、自分の「生」を精一杯生きる、そんなふうに静かにココロに響いたお話だった。



わたしの毎日の仕事は、家事とゆず、わさびのお世話で、とっても単調だけど、
意味があるんだよなぁ・・・ってしんみり思ってしまった、オススメの本。
[PR]

by yuzu-wasa | 2006-09-06 16:03 | ぶっくす |TOP↑
2006年 09月 04日 閑話休題。
最近ハマっているヨガとともに
だんなさんと必死に読みふけったシリーズの小説。
松岡圭祐さんの作品。
臨床心理学を織り交ぜたエンターテイメント小説なので、
読みやすいし、心理学論で参考に(?)なることもあって
興味深かった。

◇催眠シリーズ
稲垣吾郎が主演した映画があるらしいけれど、わたし、見てない(苦笑)。
主人公である嵯峨敏也は男前で若く、ちょっと線の細い優秀な臨床心理士。
のちに嵯峨は千里眼シリーズの岬美由紀と出会い、
事件に巻き込まれていくが、冷静な判断力で
振り回されること無くカウンセラーとしての立場を貫いていく・・・

・催眠
・後催眠

・ カウンセラー  →ハードカバーなので、まだ読んでない・・・


◇千里眼シリーズ
主人公である臨床心理士 岬美由紀は、以前航空自衛隊で戦闘機パイロットというキャリアで将来を嘱望されていた。救助隊での活動を希望していた岬美由紀は、ある出会いから心のケアを行うカウンセラーへ転職。自衛隊時代に培った動体視力でカウンセラーとしても高い実績と信頼を得るようになったが、その正義感と行動力ゆえに様々な事件に巻き込まれ、否、飛び込んでいく。
そうしてその内、世界で起こる事件・事故を裏で操っているメフィストという組織の存在を知る。メフィストの巧妙で手段を選ばないやり方には実は企業として暗殺・謀略を請け負うだけではない別の目的があるということが次第にわかるのだが、それでもその大義名分と人の命の重さを秤にかけられない彼女の葛藤と戦いは続く・・・。

ストーリーに出てくる事件が、日本や世界の世の中に起こったと酷似しており、しかもなんと小説の方が先に書かれているというからびっくり。(預言者か!?)
軍事用語、航空機の操作技術の知識などかなり細かに書き込まれてて、圧倒される。

・千里眼
・千里眼 ミドリの猿
・千里眼 運命の暗示
・千里眼 洗脳試験
・千里眼 メフィストの逆襲
・千里眼 岬美由紀
・千里眼 マジシャンの少女
・千里眼の死角
・千里眼 トランス・オブ・ウォー(上・下)
・へーメラーの千里眼(上・下)
・背徳のシンデレラ(上・下)

更にこのほかに千里眼とからんでくる、下記。

・マジシャン
・イリュージョン →(ダンナサン、買いきれず・・・)
・蒼い瞳とニュアージュ (〃)

わたしは、スピリチュアルなものに興味があって本をよむことが多いけれど、
心理学ではそういう面は結構科学的にとらえてみてるんだなぁ、と
反対側からの見方を読んでいるようで、おもしろかった。

参考になった心理学の知識はホンモノなのか、よくわからないけれど、
手帳に細かくメモっといた(笑)。

とにかく、これだけ一気に本屋で買って散財した我が家であった・・・
でも、オススメです(^^)
[PR]

by yuzu-wasa | 2006-09-04 19:36 | ぶっくす |TOP↑
2006年 06月 15日   運命のわんわん、にゃんにゃん(←およよ?)
NHKの土曜ドラマ、
ディロン~運命の犬を見ている。

樋口可南子さんも好きだけれど、
設定が、樋口さん演じる主婦がストレスからくる自律神経失調疾患あり、みたいで
なんとなく親近感を覚えながら見てたんだけど・・・

先日の東野圭吾と一緒に
ダンナサンが買って来た、
f0034102_501128.jpg
ディロン~運命の犬を読んでビックリ!

設定も背景も若干(結構?)、ちが~う!

ほんとのオハナシでは19で結婚し、2人の子供を育て上げた主婦が、
他のレトリバーやバーミーズマウンテン(こんな名前だったっけ?)と一緒に
多頭飼いのなかで、ディロンも引き取って、一緒に歩む過程が綴られてる・・・。

よく海外の映画も、原作本と内容が違っていて、先に原作本を読むと
映画じゃ2時間に詰めこんだ分だけ物足りないカンジを受けるけど、
ノンフィクションのハナシをこんなにいじるのって、どうなんだろう?

ちょっとかる~いショックと共に、
原作主人公の恵理さんの活動に、犬への愛情に、
頭が下がる想いで読んだ・・・。

わさびは・・・むやみに撫でられるの、基本的に苦手だから、
セラピーにゃんこには、向かないなぁ・・・ね?わさび?

でもそれぞれの飼主さんにとって、それぞれのワンニャンが
「運命のわんにゃん♪」だよね、きっと。。。
[PR]

by yuzu-wasa | 2006-06-15 04:58 | ぶっくす |TOP↑
2006年 06月 13日   自分の欠点。

f0034102_5424088.jpg

「私が彼を殺した」 / 東野圭吾

昨日ダンナサンが買い出しに行ってくれて
買ってきてくれたので、夕方から読んだ。

うーん、またしても
お兄さんが怪しい・・・と思って固執するわたし。

だっていきなり近親相姦のハナシとか出るんだもん。

綴じ込みの推理の「手引き」を読んで
犯人は・・・と。


どうもわたしは直感型とは思っていたけれど、
最初の印象で決めやすい、決め付けすぎやすい、
と、なんとなく自分を省みたりして。
感を信じるのもいいけれど、目の前の事象に
もう少し冷静に吟味を、
いろんなことにヒントが隠されてることにもっと気づけ、と
なんだかカウンターパンチショーック!!

でもさぁ、普通の推理小説だと
犯人がわかった後に
犯人の心情なり事情なり何かでてくるけど、
このシリーズ、「犯人はあなただ!」ってカンジで終わるので
なんだか、心がグジュグジュ不完全燃焼なのはわたしだけ?
それも、実はよぅく読めば、わかるものなの?

気になるぅ・・・
[PR]

by yuzu-wasa | 2006-06-13 06:00 | ぶっくす |TOP↑
2006年 06月 07日   やはり違う方向にそれやすいワタシ。。。
oyakobinさんからミステリーバトン(?)を奪ってきたわたし・・・

「どちらかが彼女を殺した」/東野圭吾

白夜行の人よね?って暗いハナシかとドキドキしながら
昨日普段は9時過ぎに寝てしまうわたしが
11時半までかかって2回読み、
今朝もう1読した。。。。。

うう~ん・・・1回目読んだときは
「お兄さんがイチバン怪しいっ!冷静に処理しすぎっ!」って思った。(笑)

でも、そうなると、最後のハナシが合わなさそうなので、
2回目はメモりながら読んだ(そこまでするか?)。
わからないまま就寝。。。。。

で、朝起きて、今度は刑事に注目してメモりながら読んだ。

たぶん、犯人は・・・と思いながら、綴じ込み推理の手引きを読む。
犯人はたぶんあってると思うけれど、
布石がこんなところに!?というところがあって
3回も読んだのに見逃してたかぁ、って思った・・・(笑)


どうやら続きものがあるらしい・・・
f0034102_1059094.jpg
「私が彼を殺した」


これも綴じ込み?

むむむむむぅ~。気になります・・・・・

まずは読んだ本をダンナサンにも読ませて、
ネットで検索しないまま、反応と回答を一緒に楽しんでみよう・・・・・

ありがとう♪oyakobinさん♪
[PR]

by yuzu-wasa | 2006-06-07 11:05 | ぶっくす |TOP↑
2006年 04月 04日   冷静に話せませんって!(笑)
f0034102_8151475.jpg
この本を読むと、ハエと話したり、
キッチンに群がる
アリの大群に話しかけて出てってもらったり、
「えぇ!?」と思うことが出てきた。

読んだその日の朝、天井にいた
巨大蜘蛛に殺虫スプレーを
かけまくっていたもので・・・

あまりのデカさに(シブといヤツでもあったが)
ダンナサンの帰りを待って
天井からとってもらう。

ダンナサン、ティッシュでとって
外へ・・・

いつもそう、なんで逃がすのか、わたしにはわからない・・・

話しがそれたが、
夕べ夜中ムカデに刺された。
「痛っっ!」と電気つけてガバッと起きて布団を払うと
足元にムカデ。まだ若いヤツ。
今までで最高の噛み付きだぜぃ!と痛みをこらえつつ
ベッド元のムカデスプレーで対抗。
逃げ惑うヤツにスプレーを容赦なく噴射。

頭の中では
「次、害虫が来たら、話しかけてみる?」と自分に問うていたのに、
いざ、目の当たりにするとムリだぁ~、わたしにはっ!(汗)

ダンナサンは夜勤でいなかったので
這って寝室から出てドアを閉める。

f0034102_825410.jpg
リビングでは
さいきんお気に入りのゆずのバリケン屋上で
わさびさんがくつろいでいらしゃった。
どうやら今回は
害虫捜査官の出動も捜査も活躍もなかったらしい。
痛みに叫ぶわたしを、不思議そうに見ていた。

わささんが噛まれなくてよかった・・・・


去年噛まれること2回、通算4回か5回目。
去年部屋で捕らえたムカデ、たしか8匹?外で数匹。
被害者・・・いつもわたし。しかも現場は寝床。

そんなに好かれる理由がいったいどこにあるんだろうか?
やはり、殺してしまう前に、痛みをこらえつつ
一度話してみたほうがよかったのだろうか?

すっごく、気になるけど、
でも、お願い、話しがあるなら、噛まずに来て!
ムカデフェロモンでも、あるんだろうか。。。(悩)
[PR]

by yuzu-wasa | 2006-04-04 08:36 | ぶっくす |TOP↑